MENU

酵素とは

そもそも酵素とは何か?

酵素は、身体によい。

 

酵素は、ダイエットによい。

 

酵素は、美容によい。

 

あなたは酵素についてこのようなことを耳にしたことはないでしょうか?

 

この酵素とは、そもそも何なのでしょうか?

 

酵素という単語は良く耳にするけど良く知らない、という人のために、ここでは、酵素が身体にいいとはどういうものなのかについて、ご紹介したいと思います。

 

酵素は目に見えないくらいの小さな分子の1つです。

 

身体の中で起こる様々な化学反応の触媒として機能します。身体の中での化学反応とは、呼吸をして取り込んだ酸素が血液に溶けるのもそうですし、食べ物が消化されていくのも化学反応です。

 

体内で行われている様々な化学反応を、DIYで何かを作ることと置き換えると、木や釘といった色々な形の分子を結合させるための工具であるハンマーやドリルなどの工具が酵素ということになります。

 

DIYの際工具がなければ何も作れないのと同様に酵素がなければ化学反応は起きないのです。

 

つまり人が考えてやっているわけではない、生きていく上で必要なことを行うために必要不可欠なものが酵素ということになります。酵素、酵素と言われるのがこれだけでも納得できますね。

 

酵素が少ない状態が体調不良や肌荒れを引き起こす原因となり、酵素を取り入れることで健康を維持したり美容や便秘解消につながるというのもよくわかります。

 

食品では発酵という化学反応を行う際酵素が使われていて、そのほかにも日用品や医療品にも使われています。私たちの生活に欠かせないもの、それが酵素なのです。

 

酵素の弱点

 

さて、この酵素ですが、実は、弱点があります。

 

大半の酵素は体内でたんぱく質を元に構成されています。なのでたんぱく質の特徴である、熱やphによって変化して活性を失(死んでしまう)ってしまうのです。

 

そこで、不足した酵素を摂り入れるために推奨されているのが、酵素サプリメントです。ただ、この酵素サプリメントにも加熱処理されたものが多く市販されています。つまり、酵素サプリにも効果の薄いと考えられるものも多くあるということです。

 

では、どのような酵素サプリメントを選べば良のでしょうか?

 

おすすめは、「生酵素サプリ」です。

酵素の構造

そもそも酵素とは何か?

酵素を構成しているのはタンパク質と非タンパク質の補因子で、タンパク質のみの場合もあれば複合タンパク質といって補因子と合わさっているものとがあります。

 

この複合タンパク質の場合には補因子と一緒でないと活性は現れません。複合タンパク質の元の部分をアポ酵素といいます。また、そのアポ酵素と補因子がくっついたのをホロ酵素といい、ホロ酵素になると活性が起きます。

 

この補因子というのは、無機イオンや有機化合物などで金属を含んだ有機化合物の場合もあります。この補因子の中でも強く結びつくことができたり、共有結合と呼ばれる結びつき方をするものを補欠分子族といいます。

 

一般的によく名前を聞く補欠分子族はヘム鉄などで、その他に直接タンパク質とくっつくことができるとされる金属もあります。酵素に含まれている微量金属元素は、この補欠分子族として存在し身体に必要とされています。なので、貧血のときの鉄分補強などでも活躍します。

 

元々のタンパク質であるアポ酵素との結合が弱いものや有機化合物の補因子のことを補酵素といいます。補酵素と補欠分子族の見分け方には様々な考え方があり、結合力の強い、弱いや有機化合物かどうかなどで分けられたり、補欠分子族の一種として補酵素を考える場合もあります。なのでこの違いは現段階では厳密には定められていません。

 

補酵素は常に酵素に組み込まれてはいません。ですが、酵素反応を起こし活性化するためには必要不可欠なのでアポ酵素の近くには存在しています。

 

酵素タンパク質は他のタンパク質と同じように熱によって変化して活性を失ってしまいますが、補酵素は熱にも強く酵素タンパク質から切り離すこともできるので研究の早い時期からその存在が発見されていました。

 

研究としては長い年月かけられていますが、未知の領域のものがあるのも事実で今後も研究は進められていく分野であるといえそうです。

 

 

<< リバウンド | 酵素サプリメント │ 酵素の歴史 >>